読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUNRISE

雨の中、傘を差さずに踊る人間がいてもいい。

diary_05; 進級したので

つい先日、高校二年生になった。
最近はいろいろと思うこと/感じることも多く、また、この節目に、一年間を振り返ってみる、そんなのもまあまあ面白いかなぁ、と思い、しとしと春雨の降る深夜、僕は今キーボードを叩こうとしている。

一年間を振り返って

一年間を振り返ってみて、まず頭に浮かぶ言葉、それは"時間の無駄"だ。
高校入学前からきめていたことだが、僕は部活には入らなかった。
理由としては、("時間の無駄"というワードから想像はつくと思うが)自分のしたいことにできるだけ時間を使いたかったから。
だが、その計画の暫定的な評価をするならば、これは間違いなく大コケだったといえる。
特に4~10までの約半年間が酷かった。 毎日家に帰ってきてからは下らないネットサーフィンばかりしていた。
11月からはというと、これはまぁまぁマシだったかもしれない。
だがそれも、僕にしては、という意味であって、絶対的な基準で捉えたならば、前半と五十歩百歩というところが僕なりの客観的な評価だ。

僕が小学校だった頃、高校生になった自分なんて全く想像がつかなかった。
大学生の自分、ともなるとなおさらで、それまでに自分は死ぬんじゃないかなどとも思い、当時の僕にとってはそっちの方がよっぽどリアルだったように思う。
しかし! 高校二年生、ということは大学生まで、最短で(小声)残り約2年ほどしか無いということ。
“少年老いやすく、学成り難し"とはいうが、その重さにノックアウトされている。

僕は、密かに東大への進学を計画している。 3年生から受験勉強を本格的に開始するとすれば、僕が自由に使える勉強の時間はもうあまり無い。

そうゆうことを考えると、とても鬱な気分になる。

失ったものはもう帰ってこない。
損失をこれ以上拡大させないためには、今からはやるしかない。
というワケで…

達成したいことリスト

英語編
  1. 6月までに、Duo、英検準一級パス単、Instant Word Powerの2週目を終わらせる。
  2. 7月までに、英検一級パス単を2周する。
  3. 単語系が終わったら、リーディング・リスニング対策も開始し、この2つは試験まで続ける。
    また、これと並行してVerbal Advantageも進めていく。 こちらも夏休み中に終わらせたい。
  4. 夏休み後は、リーディング対策として洋書を読むようにしたい。 余裕があれば、"1100 Words You Need to Know" もボキャブラリーの補強として行う。
  5. 10/8 の1次試験(一級)を受けて、合格しておきたい。
    2次試験のスピーキングは、調べた限り一筋縄ではいかない。 1次試験後から、2月の第三回での合格を目標とし、コツコツ続けていく。
  6. 合格できてもできなくても、3年生からは英検対策は終了し、(かなりの英語力は付いているはずなので…)数学・プログラミングの洋書を読んでいけたらいいな。
数学・論理学編
  1. 素数夜曲"の数学パートを、夏休みまでにじっくりと読み込む。
    並行して、"論理トレーニング"も進めていき、これは7月までにやり尽くしたい。
  2. 7月中に、"入門! 論理学"を読む。
  3. 夏休みからは、"論理学入門"を読む。
    だが、数学やプログラミングの勉強ばかりをやって、英語学習の進行が遅れるのだけは避けたい。 あくまで、英語が優先で。
  4. 学校での授業、夏休み中に高校数学を先取りしておいてあるのが理想的。(うちの学校はまぁまぁ進度が速いので、まぁこれはそんなに苦じゃないはず…かな??)
    夏休み後から年内に、高校数学全範囲の基礎固め、つまりFocus Goldの全問題を確実に解けるようにしておく。
  5. 数学の基礎固めと並行して、"論理学をつくる"を読みたい。 これはあまり焦らず、のんびり楽しんで読んでいきたい。
  6. 新年からは、"1対1対応の演習"を始め、これは3年生になるまでにしっかり取り組んで解けない問題を無くし、完成させたい。
  7. 三年生になったら、東大に向けての勉強を開始する。
    ここからは、受験に向けての勉強時間を増やさないといけないだろうから、多分数学などだけに時間は割けない。 余裕があれば、数学の洋書を読んでみたいけど…
プログラミング編
  1. 夏休みから、"素数夜曲"のLispパートを進めていく。並行して、今は止まってしまっている"Practical C Programming"でのCの勉強を進めていく。
    この2つは、他の勉強に支障が出ないよう、焦らずに行う。
  2. 素数夜曲"でのLisp勉強が終わったら、(繋がるらしいので)SICPを読んでいきたい。(震え声)
  3. “Practical C Programming"が終わったら、"ポインタ完全制覇"を読んで、C言語の仕様への理解を深めたい。
  4. この後は、アルゴリズムとかハード周りのこととかを勉強しようと思っているが、他の勉強が本当に上手く行くか全然わからないので、詳しいことは未定とする。

いやぁ、自分で書いておいてなんだが、過密すぎて笑ってしまう。
これが出来たら本当にすごいと思う。
“頭を使えば時間はいくらでも捻出できる"ということを身をもって証明するという、そういうチャレンジといえるかもしれない。

達成できたら、これは文字通り"圧倒的成長"だと思う。

頑張ってみよう!!!(白目)